次世代のインサイドセールス

書籍P52「デジタルインサイドセールス 」第3章 インサイドセールスはデジタル化で最強となる、1.インサイドセールスとデジタルインサイドセールスの違い

コラム
セールステック(デジタル営業)
公開日: 更新日:
次世代のインサイドセールス

前章までは、インサイドセールスとはどういう仕組みで、営業形態をどう変えていくものなのかを述べてきたが、本章では、ブリッジインターナショナルの次なる展開について述べたい。

最新テクノロジーを活用するデジタルインサイドセールス

次なる展開とは、最新のテクノロジーをインサイドセールスに持ち込むことだ。これを私たちは、デジタルインサイドセールスと呼んでいる。

デジタルインサイドセールスとは、インサイドセールスに最新デジタルテクノロジーを活用し、デジタル化させることによって、さらに効率の良いインサイドセールス活動を実現しようというものである。デジタル化の結果、さらに多くの案件を発掘・醸成し、売上・利益の向上に貢献できるだろう。
デジタルインサイドセールス最大の要素としては、インサイドセールスとAI(Artificial Intelligence =人工知能)を組み合わせることにある。

AIの進歩は目覚ましい。バーチャルアイドルの登場からロボット技術への活用など、すでに一般社会に浸透しているものから、ECサイトでのAI活用など、AIを使った技術開発分野は多岐にわたっている。

本章では、AIとともにデジタルインサイドセールスを構成するMA(MarketingAutomation)、WebRTC(WebReal-Time Communication)というテクノロジーに加え 、Funnel Navigator(以下、FN)の解説をしながら、デジタルインサイドセールスとは何かを説明したい。

一覧へ戻る

この記事と合わせてよく読まれています

2019/05/29 日本でも求められている法人営業改革 2018/06/04 営業の生産性をアップする営業活動のためのPDCAサイクル 2018/06/22 見込み客獲得に不可欠なCTAとは? 効果が期待できる4施策を比較

Customer Service

お問合せ

pagetop
インサイドセールス動画で解説